フィギュア業界での働き方やギャラについて

 

フィギュア原型師って仕事に興味があるんだけど、働き方やギャラなど業界のことが全然わからない…誰か、フィギュア業界の事を詳しく教えてください。

この記事を読むことで、下のようなことが分かります。

 

  1. 会社員として就職するか、フリーランスで仕事をするか?
  2. フィギュア業界への就職方法
  3. フィギュア業界で求められる人物とは

 

なぜなら、実際に専門学校に行って話を聞いたり、いろんな資料を読んだり、現役の原型師の方に話を聞いたからです。

 

それでは、話を進めていきます。

 

会社員として就職するか、フリーランスで仕事をするか?

フィギュア制作の仕事といえば「原型師」です。

 

原型師は、フィギュア制作の会社に就職し、丘陵性で仕事をする社内原型師と、特定の会社には所属せず、企業から仕事を請け負うフリーランスの外注原型師の二通りがあります。

 

原型師のギャラは?

原型師の報酬は、社内原型師の場合は、新卒の初任給が18~20万円程度からのスタートになりますが、平均的な会社員と同等の収入を得れます。

 

 

フリーランス原型師の場合、自らが契約して報酬を受け取ります。原型代はそのフィギュアの仕様によってだいぶ異なりますが、1/6~1/8スケールの美少女フィギュア1体の原型代はその商品が景品で出回るものか、店頭に並ぶものかで変動しますが、概ね40~70万円程度になります。

 

例えば1.5ヵ月に1体制作した場合、60万円×8体=480万円です。

 

これを、1.5ヵ月で2体の制作ペースにした場合、960万円になるので、原型師として大きく稼ぐには”短期間に多くの原型を作る“ことが前提になってきます。

 

 

ただし、フリーランス原型師の場合、会社内原型師と違って社会保険や税金等を自己申告・手配しないといけないうえに、収入が安定しないというリスクがあります。

 

最近では、求人職種の中にデジタル原型師枠が出来ているので着々に伸びてきてます。